商品の完成度左右する展示会デザイン

subpage1

同様の商品であっても展示会ブースの出来次第で、その完成度や製品に対する印象度が異なることもあり得ます。
その理由は商品とブースのデザインとのあいだに一貫性が見られるかということです。

商品の形状や性能は大切な要素ですが、それとともにその商品の新規性や打開したこと、利便性や新規性がしっかりと伝わるかどうかがポイントです。



デザインとはそれらを明確にするために用いられる欠かせない要素です。

そのため新しい使い方をする商品では、その使用法の説明や利便性を一見して示せる宣伝効果の高いデザインが求められます。こうした一貫性のあるわかりやすく工夫した見せ方こそここでは大切です。

OKWaveに関する耳より情報です。

わかりやすさが一番にきて「なるほど」と感じられ、より多くの人々が思わず商品を使いたくなるような明快さがデザインの要素に求められます。

ブランドとは、その商品のもつこうした定評ある使い心地の良さが、多くの人々に認められた結果生じるものだといえます。したがって新商品の場合には商品が優秀であっても、その良さが伝わらない限り、世に出ないことになります。
こうしたことから、展示会場ではその商品の持つ優れた性能や、使い勝手の良さが一目瞭然で伝わるような演出に関するデザインがうまくなされているならば成功していると言えるでしょう。
こうした即座にわかるような演出には無理がありません。
こうした形で商品を引き立てることで展示会を訪れる人々はブースで参集します。



みんなの常識

subpage2

自社の新商品を開発して展示会ブースで宣伝する場合、デザイン業者に対してそうした仕事全般について委託する形で発注して作ってもらうことになります。さまざまな企業が集まる展示会には、趣向を凝らしたブースがあります。...

more

納得の情報!

subpage3

一般的に展示会場には、多くの企業が参画します。その他に単独の企業だけで開催する例もあります。...

more

知りたい展示事情

subpage4

展示会の装飾の内容にこだわりたい場合には、専門業者のサポートを利用することがとてもおすすめです。最近では、会場内のレイアウトに工夫をするうえで、各業者のパンフレットやカタログなどを参考にしながら、業者選びに取り組んでいる人が増えています。...

more

納得の知識

subpage5

展示会を開催するなら見栄えの良いものにしたいと考えるのではないでしょうか。自分たちで飾り付けを行うことも可能ですが、未経験の場合はスムーズに行えません。...

more